成人病ってよく聞くけど何?

成人病ってよく聞くけど何?

成人病という言葉はよく耳にするけどどんな病気があってどんな症状なのかわかってない人が多数いらっしゃいます。どんな生活をしていたら成人病になりやすいか、どうしたら予防できるかなど当サイトを参考にして知識を身につけてみてはいかがでしょうか?

成人病と呼ばれるものにはどんな病気がある?

成人病は、日本人の生活習慣に深く関わっていることから、生活習慣病ともよばれているものです。
この成人病には、いくつかの病気の種類がありますが、日本人の3大死因といわれている、がんや脳卒中に心筋梗塞などの病気も含まれています。
このほかにも、自分では症状を感じることがないけれど、病気が進んでしまうことでさらに大きな病気へと、つながってしまうものがあります。
それが、糖尿病や高血圧、高脂血症や肥満などになります。
特にこれらの病気は、自分では気がつかないうちに病気の症状が、進んでいくことから「サイレントキラー」とも呼ばれています。
3大成人病と呼ばれる病気になる前に、糖尿病や高血圧、高脂血症や肥満などの病気になることが多いものです。

たとえば高血圧は、血管内の圧力が高くなって血管に負担がかかるものです。
自分ではほとんど症状を感じることが少ないため、定期的に血圧を測ることが大切で、自分の血圧を知っておくのも必要になります。
高血圧になる原因は、はっきりとわからないことが多いので、定期的に血圧を測って知っておきましょう。
また、糖尿病はインスリンというホルモンの働きが悪くなるために起こる病気になります。
このインスリンというホルモンは、血液の中のブドウ糖をエネルギーとして使うときに働くため、足りなくなると血糖値が上がることになります。
この血糖値を正常な数値にするためには、食事の内容を考えることが大切になります。
動物性たんぱく質を摂りすぎないようにこころがけて、暴飲暴食をしない規則正しい生活も重要です。
さらに、高脂血症といわれるものは、血液の中の脂質が増えすぎることで、血管の壁に付きやすくなりやがて血管の中が狭くなって、血液が流れなくなり血管を詰まらせることになっていくものです。
この高脂血症は、脂質が多く含まれている食品を摂りすぎた場合におこりやすくなります。

これらの成人病が、いくつも重なっておきてしまうと、さらに大きな病気のがんや脳卒中、心筋梗塞などにかかってしまうことがあります。
この成人病の原因とされているものには、生活習慣が深く関係しているといわれています。
生活習慣は、ひとりひとり違うために注意することが大切になります。
バランスの良い食事をこころがけて、しっかりと睡眠をとってストレスを減らすことも必要です。
さらには、適度にからだを動かす運動も定期的に続けることで、これらの病気を防ぐことができるでしょう。

↓生活習慣の乱れからくる逆流性食道炎や胃潰瘍にはこちらの薬がおすすめ
ネキシウムは胃酸過多改善に効果的
↓睡眠不足も成人病を引き起こす原因です
メラトニン